​アルミを変える。

​世界を変える。

資料ダウンロード  (画像をクリック)

アルマイト処理Q&A

メーカー技術者・加工業者のための実践で最も役立つアルマイトガイドブック。

TAF TR

耐熱クラックレス超硬質アルマイト。350℃の環境下でもクラックレスである事により、これまで不可能とされていた環境や分野でのアルマイト・アルミ部品の適用が可能になりました。軽量かつ、熱的・電気的な特性を持つアルミニウム合金の可能性が拡がります。クラックレスであるため、高耐電圧、高耐摩耗、高耐食、コンタミ防止等の様々な性能が有ります。黒色仕様は350℃でも褪色しません。

TAF AD

高密着性の下地用アルマイト。従来のアルマイトや化成皮膜の2倍以上の密着強度(引剥がしピール強度)が得られるため、接着や塗装、コーティングの下地として最適です。TAF TRと組み合わせることにより耐熱性を向上できます。

FINISH ZERO

寸法変化を±0μm狙いで仕上げることのできる艶消し黒アルマイト。迷光防止の為の低反射率と、高い寸法精度が得られるため、精密光学部品などに広く用いられます。

カラーバリエーション無限大

カラーアルマイトはアルマイト皮膜の無数の微細孔に染料を吸着させることで着色されるため、染料の種類だけ、カラーバリエーションも増えます。 一方で、自社で膨大な種類の染料を管理しているアルマイト業者は少なく、その業者ごとに、選べるカラーは十数種類の場合がほとんどです。 ホンモノのデザインを創造するなら、どんな色にでも調製できるアルマイト業者に依頼すべきではありませんか?

高放熱ヒートシンク

アルマイト皮膜はアルミニウム素材の放熱性を格段に向上させることができます。 特に、皮膜が300℃以上でもクラックしない特殊なアルマイト技術を用いれば、使用環境も格段に拡がります。

ダブルカラー

一つの部品に2色以上のカラーアルマイトを施す処理。デザインの幅が広がり高級感を得ることができます。

装飾用ADCアルマイト

これまでカラーアルマイトは出来ないとされ、カラーリングは塗装が必要であったADC(アルミニウムダイキャスト材)ですが、新たな技術でADC材が生まれ変わります。

TAF ルーブ

硬質皮膜上にPTFE(ポリテトラフルオロエチレン)を吸着させ、部品表面の滑り性を向上させたアルマイト皮膜。耐摩耗性に特化しており、特に初期かじり摩耗の抑制に効果的です。

袋穴流れ削減

アルマイト(特に黒アルマイト)では、部品に小径の袋穴等があると、穴から薬品が流れたようなシミや、白点などの不良が発生しやすくなってしまいます。 このようなシミや白点を軽減すれば、今まで気になっていた外観や皮膜性能の低下予防も期待できます。

​新着ブログ・Q&A一覧